トップ

葬儀のマナー違反とは

葬儀のマナーを考える

焼香

葬儀や通夜の服装について

家族や親せきのほか、仕事上のお付き合いなど、知っている人が亡くなった時には、通夜や葬儀に参列することがあります。通夜の場合は、亡くなってから日が浅い時期に行われ、外出先で日程をすることも多いため、服装は、ダーク系のスーツであれば、礼服でなくてもマナー違反にはなりません。ただし、葬儀の場合はあらかじめ日程を知っていて、当日外出先から参列することはないので、きちんとした礼装や喪服を着るのがマナーです。故人との縁ばかりでなく、ご遺族や列席者にも失礼がないように、服装と、靴も茶色ではなく、黒いものを選びましょう。

突然の訃報が来た時のマナー

訃報はもちろん頻繁にある事ではありませんが、いざそのような場合になった時マナーを知ら無いと恥ずかしい思いをしてしまいます。そこで基本的なマナーとして葬儀へ参列する場合の服装は女性ならスーツ・ワンピースで地味な物を、男性もスーツでネクタイは黒無地が基本です。また殺生を連想させるような物は身に付けない事です。冬なら毛皮の付いた物は避けます。またバックや靴も同じ事が言え、革製品はやはり殺生を連想させるので持たないようにします。葬儀の注意点として宝飾品は結婚指輪だけにし、男性はネクタイピンもでればしない方が良いでしょう。

葬儀のマナーに関する情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀のマナー違反とは. All rights reserved.